インターネットショップを応援するサイト(ISA)

WWW を検索 当サイト内 を検索
インターネットショップに必要なノウハウやサービスを提供します。
internet Shop Agent(ISA)とは、インターネットショップの代理サイトです。


第3章では、インターネットショップを開店するために、必要なホームページの作成について解説します。


 まずは、ホームページ(HP)を作成する為に、知ってしておきたい用語について説明します。


   ※ 以下 HPと記載した場合は、ホームページの意味です。
 


【ホームページを作成する為の基礎用語について】

まず、ご自分でホームページ(HP)を作成するのであれば、下の3つの用語について概要を理解してください。



○HTMLとは(Hyper Text Markup Language)

  パソコンの画面に文字列やファイルを表示させる為の言語であり、コンピュータが理解する言葉です。

  「タグ」と呼ばれる印の間に記述する事によって、文字や画像の表示方法を定義します。

  今では、ホームページビルダーなどのソフトを使えば、HTMLを意識せず、ワープロ感覚で作成できます。



○CSSとは(Cascading Style Sheet)

  スタイルシートとは、ホームページの視覚表現を豊かにする技術の総称です。

  例えば、文字の大きさや色/文字の種類(フォント)/枠の色などを自由に設定できます。

  また、ホームページのデザインをCSSに集約することで、ホームページのイメージを一括変更することも可能です



○CGIとは( Common Gateway Interface)

  簡単に言えば、ショッピングカートやお客様の声掲示板を作成する言語です。

  HTMLなどとは違い、一般の方が作成するには敷居が高い言語です。



  レンタルサーバー等で用意さえているCGIを使用することをお勧めします。

  CGIの設置方法については、多少の知識が必要ですが、こちらは乗り越えられる程度のものです。

  最初は、専門業者に依頼しても、更新などは自分で出来るようになることが重要です。



  各言葉の概要は理解して頂けましたか?

  言葉だけで挫折しないでくださいね。 

  今は、ネットショップに特化したホームページソフトも販売されており、簡単にネットショップが作成できるようになりました。

  ソフトについては、次のページで解説します。

ネットショップ向けのホームページ作成ソフトと書籍紹介



 それでも、自分にはどうしても難しいと思われた方は、ブログを活用する方法があります。

 但し、言葉の意味を知っていると何にかと便利(操作等も理解しやすい)なので、覚えておきましょう。

 では、簡単に、ブログの説明をしましょう。



○ブログとは(Blog)

  ブログとは、簡単に言えばワープロ感覚でHP作成できるサービス(ソフト)です。

  本来は、『Web』と『Log』(記録)を一語に綴った「weblog」(ウェブログ)が語源であり、最近では、省略して『blog』(ブログ)と呼ばれています。

  用意されたテンプレートを利用すれば、簡単に洗練されたページが作成できる為、最近では、ブログを利用してWeb日記を付けたり、

  ネットショップを開店している方が多くなりました。



 ブログでネットショップを開きたい方は、いろいろな本も出ていますので参考にされると良いと思いますよ。


《ブログに関する書籍》
  ブログに関する書籍



Copyright 2004 internet Shop Agent(ISA) e47-4147.com